安心の終末を願う方の守護の仏様

だい  ずい  ぐ   ぼ   さつ  そん

大 随 求 菩 薩 尊

本尊聖観世音菩薩の変化身(化身)でいらっしゃいます。この菩薩を念じて、この真言を読誦すれば、衆生の求願に随い施しあたえるといわれ、「随求」といわれる。・真言密教の「胎蔵曼荼羅」におられるインド由来の仏さまです。

「七七月(ななつき)参り」という大随求菩薩様の縁日に「安心の終末」の祈願をお受けいたしております。

 

◎ 如願寺先代住職 大観和上が昭和25年ごろから、大随求菩薩の尊像をまつり、

「随求講」として皆様に祈願をお伝えしてきました

〇愛知県 名古屋市の興正寺様 犬山市の寂光院様 知多市の大智院様では「七七月参り」が

 古くから行われています、

そこで、この度 喜連観音如願寺は「大阪ぽっくり寺」として、皆様にお伝えすることとなりました

  • ご縁日を七回祈願された満願には 「大随求陀羅尼経」袈裟をお渡しいたします。

 

ご祈願日

2020年(令和2年)祈願日時         

9月5日(土曜日)  午後1時から3時

10月5日(月曜日) 午後1時から3時

11月5日(木曜日) 午後1時から3時

12月5日(土曜日) 午後1時から3時

 

2021年(令和3年) 祈願日時   

 1月5日(火曜日) 午後1時から3時

  2月5日(金曜日) 午後1時から3時

  3月5日(金曜日) 午後1時から3時

  4月5日(月曜日) 午後1時から3時

摂津国三十三カ所 第32番札所

摂津国八十八箇所 第37番札所

真言宗 如願寺 Nyogan-ji

547-0027 大阪市平野区喜連6-1-38

℡ 06(6709)2510

Fax 06 (6769) 2720

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebook Clean